【OSレビュー】Android O(8.0)の新機能で何ができるのか!?

皆さん、こんにちは。

携帯電話&WiFiレンタルのププルです(*^_^*)

ついに、Android O(8.0)の正式版が2017年8月22日からリリースされました!

待ち望んでいたAndroidユーザーは多いのではないでしょうか(^^)

ただ、今回のリリース対象の端末はPixel、Pixle XL、Nexus 5X、Nexus 6P、   Nexus Player、 Pixel Cとなっております。

ちなみに、Android O のOは、お菓子製品名の「OREO」の略だそうです笑

また、正式リリース版では削除された機能がいくつかありますが、今後のアップデートで出てくる可能性大です。

今回は8月22日のリリース時点で、備わっている機能の一部を紹介していきます。

Smart Text Selection

Smart Text Selection」アプリで選択したテキストデータの内容を認識し、ペーストすべきアプリを提案する機能です。Android O(8.0)では、テキストをダブルタップし、必要に応じて選択範囲が自動的に拡大されます。

また、Web上のビジネス名や住所など、ユーザーがよくコピーする種類のテキストを機械学習技術(AI)が認識し、セグメント全体が強調表示され、「コピペの手間」を省きます。

さらに、選択範囲の内容に応じたコンテキストメニューも表示してくれます。例えば住所をダブルタップすれば「Google Mapを開く」、電話番号をダブルタップすれば「電話をかける」などのメニューが表示されます。

アプリのアイコンを長押しでサブメニューを表示

Android O(8.0)では、ホーム画面でアプリのアイコンを長押することでサブメニューが開きます。サブメニューはアイコン毎にそれぞれ違った項目が表示され、YouTubeだと「急上昇」、「登録チャンネル」、「検索」といった項目からショートカットアクセスが可能となっています。

指紋ジェスチャーのサポート

Android O(8.0)から、OSレベルで指紋ジェスチャーがサポートされました。

指紋ジェスチャーは、指紋ユニットを利用した代替入力メカニズムで、指紋認証スペースをスワイプすることで応答が可能となります。OSレベルで指紋ジェスチャーに対応したことで、アプリ開発者は指紋ユニットからの代替入力にアクションを起こす事が可能となります。

上の写真は通知設定で指紋ユニットを設定することで、上下にスワイプすると、通知バーを開いたり閉じたりすることが可能になります。こちらの設定方法は以下になります。

【設定方法】

設定 > アプリと通知 > 通知 > 指紋センサーをスワイプして通知を表示

「通知チャンネル」、「通知ドット機能」の追加

Android O(8.0)以前では、アプリの通知設定はアプリ全体に適用されていましたが、今回から1アプリ単体でも通知のON/OFFを切り替えることができます。他のアプリも同様に設定を行うことができます。左が通知OFF、右が通知ONの写真になります。設定方法は以下になります。

【設定方法】

設定>アプリと通知>アプリ情報>アプリを選択>アプリの通知で通知設定の切り替え

また通知設定がONの場合(右の写真)に、通知が来た時にアプリアイコンの右上に表示されるようにする通知ドット機能も、この画面から「通知ドットの許可」で設定することができます。

通知方法も、上の通知ONの時の写真の「その他」をタップすることで、通知音、通知ランプ、バイブ、ロック画面への表示の有無といった通知内容・方法を細かく設定することができます。

通知のスヌーズ機能

Android O(8.0)では、通知のスヌーズ機能が追加されました。
これにより、ユーザーが後でもう一度知らせて欲しい通知を間隔を指定して通知設定することができます。通知のスヌーズ機能の使い方は以下の通りです。

【設定方法】

①通知欄の画面で、後でもう一度通知してほしい通知を左にスワイプし、時計のアイコンをタップします。

②必要があれば、スヌーズの時間が表示されている箇所をタップし、時間を調節します。

BluetoothオーディオコーデックにaptX、aptX HD、LDACが追加

Android O(8.0)から、BluetoothオーディオのコーデックにaptX、aptX HD、LDACが追加されました。

aptX、aptX HDはQualcommが、LDACはSONYが開発・展開をしています。
この3つのコーデックは、Bluetoothイヤホンでも高音質な音楽を聴くことができます。
また、aptX HDとLDACに関しては、ハイレゾクラスの音質をワイヤレスで転送することができます。Bluetoothオーディオのコーデックの設定方法は以下になります。

【設定方法】

①まず、設定で「開発者向けオプション」を表示させる必要があります。以下の方法で、開発者オプション項目が表示されるようになります。

設定 > システム > 端末情報の[ビルド番号]の項目をタップ連打

②開発者向けオプション表示後の設定方法

設定 > システム > 開発者向けオプションの「Bluetooth オーディオコーデック」をタップ

Bluetoothコーデックは、有線に比べ音質が劣っていたので、この3つのコーデックはとても嬉しいです!

Google Playプロテクト

Android O(8.0)には、有害なアプリからスマートフォン・タブレットを保護する、新セキュリティサービス「Google Play プロテクト」が備わっています。

Google Play プロテクトは、機械学習技術(AI)を用いて、ストア上にある500億のアプリを24時間自動的でスキャンし、有害なアプリが配信されることを事前に防ぎます。有害な可能性があるアプリを検出した場合はアプリを停止して警告を通知します。通知を受け取ったユーザーはアプリを削除することができます。


ここで一部紹介した機能の他にも、「バッテリー持ちの改善(バックグラウンドアプリの消費低減で駆動時間延長)」、「起動時間の短縮(最大半分まで)」、「アダプティブアイコンのサポート」「 Autofill (IDやパスワードを自動入力機能)」、「Wi-Fi Awareをサポート」など新機能・変更点を挙げていくとキリがないほどAndroid O(8.0)は進化しています!

また機能の紹介前にも1文入れましたが、正式版の現時点では「PIP(ピクトインピクチャー)」や、「ソフトキーの幅寄せや広さの調整機能」、「ソフトキーとは別に左右端にショートカットの配置設定」など削除されている機能もあります。こちらは今後のアップデートで復活する可能性大なのでまだまだ目が離せなませんね!

今回紹介できなかった機能や変更点、そして今後アップデートで追加される新機能なども記事にしようと考えております。

Googleはデバイスパートナーとの連携も発表しており、Essential、General Mobile、HMD Global、Huawei、HTC、LG、Motorola、SAMSUNG、京セラ、SHARP、SONYの各端末2017年末までにアップグレードされる予定です。

しかし、ご自分の端末が今回のアップデートの対象外で、「アップグレード前に、正式版のリリース対象の端末を使って、すぐにでもAndroid O(8.0)の進化を体感してみたい!」、と思っている方にププルのレンタルサービスはおすすめです。

ププルでは、今回の正式版リリースの対応端末のNexus 6PやNexus5xが現時点ではレンタル可能です。(ちなみに今回はNexus 6Pの端末でAndroid8.0をインストールしました。)対象機種の商品ラインナップ追加も予定しております。

スマートフォンレンタルのページはこちらからアクセスできます。

<↓↓お問い合わせはこちらから↓↓>
556410