【Chromecast】VR映像をモニターに写せます!Gear VRとの接続方法も紹介!

皆さん、こんにちは。

携帯電話&WiFiレンタルのププルです(*^_^*)

VRのレンタルやイベントのサポートも行っているププルですが、VRを使ったイベントを検討しているお客様からのお問合せで

・相手の見ている映像が見えないからご案内が困難なのでは?

・看板だけでは、どんなコンテンツなのかお客様にイメージがしづらい

という不安がとても多いです。

こんな悩みを解決するために、弊社ではお客様の見ているVR映像をモニターに写すことができるChromecast Ultraをオプション品として追加いたしました!

HTC VIVEはパソコンを使って運用するため、パソコンをモニターに繋いで映像を写す方法が簡単で一般的ですが、スマホを使って運用するGear VRではChromecast Ultraが必要になります。(HTC VIVEでもChromecastで映像を写せます。)

以前、VR映像をモニターに写して運営されている「東京オートサロン」の記事(モニターの映像の動画付き)を投稿しているので、よかったらどんな感じなのか参考にしてみてください。

今回は、Chromecast Ultraとはどんなものなのか、そしてモニターへの接続方法について説明していきます。

Chromecast Ultraとは?

Chromecastは、テレビやモニターにインターネット経由のコンテンツをWi-Fi経由で写して簡単に楽しめるようになるGoogle製デバイスのことをいいます。簡単に言いいますと、インターネット上の動画などを自宅のテレビ画面に出力することができます。

Android/iPhoneのスマホや、Windows/MacのPCから選んだ動画を再生することができ、対応コンテンツはYoutube、AmebaTV、Hulu、dTV、ビデオパス、Netflix、アニメ放題、GYAO!、Google Play Movies & TV、dアニメストアなど種類豊富です。下の画像は対応コンテンツの一例です。

そしてChromecast Ultraは、従来のChromecastの進化版で、映像コンテンツをストリーミングでHDMI出力により高画質な映像の視聴が可能になったGoogleのメディアプレーヤーです。

4K解像度HDR(High Dynamic Range)、Dolby版HDRであるドルビービジョンなどにも対応可能になり、処理性能も従来に比べ1.8倍高速化しているため、コンテンツ再生までの時間がかなり短縮されています。

さらにWi-FiだけでなくLANケーブルを使った有線接続にも対応され、安定した通信速度や通信環境で快適に利用できるようになっています。

Gear VRとの接続

では、Gear VRとChromecast Ultraを接続する手順を説明していきます。

Oculusアカウントを作成します

まずは、Gear VR接続をするためのOculusの設定をまだされてない場合は先に済ませちゃいましょう!Oculusの設定は以下のブログ記事に載ってますのでよろしければご覧ください。

【ププル】最新のGearVRのレンタル開始(レビューや接続方法もご紹介)

Google Homeの設定を行い、Chromecastと接続します

Chromecastを設定するのに必要なアプリ「Gogole Home」をインストールしましょう。

     

アプリをインストールしたら、モニターにChromecast Ultraを繋いで端末をWi-Fiルーターに接続し、Google Homeの設定を行っていきます。

【設定】

アカウントを選択してChromecastとWi-Fiルーターを介して接続を行っていきます。

以下、接続完了までのスマホ画面の設定画面です。

こちらがモニターの写真です。モニターに正しい接続コード「C9G9」が表示されています。

接続が完了したら、スマホに写っている画像がモニターにも表示されます。

これで、Chromecast対応のコンテンツはモニターに写すことができます。

試しにYouTubeでププルの動画を再生しましたが問題なくモニターに映りました(*^_^*)

ちなみにYouTubeをモニターで再生する場合は、再生画面右上のモニターのアイコンをタップするだけです。あとはスマホがモニターのリモコンのような位置付けになります。

Gear VRとChromecastを接続させます

正しく機能していることも確認できたので、いよいよGear VRと接続していきます。

Oculusを起動し、下の「もっと見る」を選択し画面が移ったら右上のモニターのアイコンをタップし、Chromecastと接続します。

接続が完了したら、モニターの画面もGear VR装着待機の状態に変わります。

Gear VRを装着したらちゃんと装着時にうつるOculusのホーム画面がモニターに!

Ocususのホーム画面から選択できるアプリや360動画も問題なく映りました!

アプリ

360動画

他のコンテンツや、SAMSUNG GALLERYや、SAMSUNGブラウザなども問題なくモニターに映りました(*^_^*)


以上、設定さえ済めば簡単にChromecast Ultraを使用することでモニターにうつすことができました。

他にも、Gear VRだけでなく弊社で取扱のあるHTC VIVEやDaydreamなどにも対応しているので、それはまた別の記事で紹介していきたいと思います(*^_^*)

これでイベントでお客様に「今、どんな映像が見えていますか?」といった確認が不要ですし、カーソルの位置もモニターで確認できるので、イベント運営が格段にラクになります!

これだけでもVRを使ったイベントを検討している方の不安要因はだいぶ取り去ることができますね(*^_^*)♪

これからも、VR関連での不安要素などの解決方法や豆知識などもブログ記事にしていくので興味のある方はチェックしてみてください(*^▽^*)

他にもププルではイベントの出張技術サポートも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

<↓↓お問い合わせはこちらから↓↓>
556410

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする